ドライヤーの上手な使い方!


今回は猫の話ではなく「髪の毛の話」をさせていただきます^ ^

前回の記事で「髪を乾して寝ることのメリット」のお話をさせていただきました。

※前回の記事はコチラ⇒「今日からできる基本ヘアケア~髪を乾して寝る~

 

今回はこの話をもう少し掘り下げて、今回は「ドライヤーの上手な使い方」についてご紹介いたします^ ^

 

まず大切なのは「髪の根元を乾かすこと」です!

皆様ご存知のように、

髪の毛一本は「根元から⇒毛先」に向かって細くなっていますよね?

2

「細くなる」ということは、「先の部分が乾きやすい」と、いうことです。
※細いと量が少なくなるため

ショートスタイルの方はそんなに気にならないかもしれませんが、
ロングの方はついつい根元はそこそこに乾かし、
「中間~毛先」を重点的に乾かしてしまいやすいですね。

 

なぜなら、

・根元が乾きにくいのでドライヤーを持ってる手が疲れる!
・だんだん肩痛くなる!

…と、ロングスタイルの方独特の悩みもありますよね(;_;)

 

それでも、先に毛先を乾かしてから根元を乾かすと、「最初に乾かした毛先がどんどんドライヤーの熱で傷む」 という現象が起きてしまいます

ですのでそれを防ぐためにも、まずは根元から根気よく乾かしていきましょう!

 

「時間がかかって嫌だ!」という方は、全体満遍なく乾かすよりも、

集中的に「前」「後ろ」「右」「左」と、パートごとにドライヤーを当てて乾かしてあげると案外、

髪の毛が乾くのが早いのでおすすめです^ ^

 

さらには「クセ毛の方にオススメの乾かした」も、ございます^ ^

そちらはまた今度、別の機会にてご紹介させていただきますのでお楽しみに…^_^

 

そして最後に全体が乾いた後!

『全部乾いたからもうこれでオッケーでしょ~』

これではまだ80点ですねー(-。-;

 

最後に大事なのは、「冷風で乾かしてあげる」こと!

大体のドライヤーについている冷風機能は、なにも暑くてたまらない夏用ではありません。

乾かし終わった髪の毛を引き締めてあげるための機能なのです。

 

主婦の方のようにお料理をされる方はご存知かと思いますが、

「冷水で締める」なんてことがありますよね?

「おそば」をゆでて一旦冷水で締めたり、 お魚なんかでもよくやりますね^ ^

 

実は髪の毛にも近いような事が言えます!

ドライヤーの熱い風で乾き終わった髪の毛は、「キューティクルがまだ開いてる状態」なのです。

 

どういうことかと言いますと、まだ「形がつきやすい状態」なのです。

このまま寝ると、いわゆる「寝癖」がつきやすいということですね。

 

そこをしっかり冷風で乾かして「キューティクルを引き締めてあげる」ことで、
寝癖のつきにくく、かつ傷みにくい状態を作り上げることができるのです^ ^

 

これを実践していただくだけでかなり状態は良くなるはずです^o^

担当の美容師さんに乾かし方のコツなんかを聞くのも良いですね^ ^

もちろん僕には問い合わせていただいてもオッケーです♪

 

一見、当たり前のような話だったり、「知ってるよ!」ってことも多く書いているかも知れません。

しかし、中には「今まで恥ずかしくて聞けなかった…」「実は知らなくて目からウロコ!」という方もいらっしゃると思います。

 

ですので、ちょっとした些細な情報でも『為せば成る』のブログからご紹介していければなと思っております。

是非ともお付き合いください^ ^

 

それでは寒くなってきたので、風邪を引かないように★^ ^

 


希望ヶ丘ビーワン

↓ご予約はコチラ↓

045-367-0399

いまなら「このブログを見た!」で無料ヘッドスパをサービス☆

※小澤指名のみ限定となりますのでご注意ください

オザワへのFB友達申請 オザワのツイッターフォロー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ